弁護士への相談

弁護士配偶者の不倫問題に悩む場合に相談できる相談先として思いつくのが弁護士事務所ではないでしょうか。弁護士は国家資格を持つ法律の専門家であり、法的な知識を持って個人同士の争いを解決する人です。不倫問題を弁護士に相談する際は不倫や離婚などの案件に強い弁護士を選ぶ必要があります。弁護士と一言で言っても法人や個人、医療関係や債務整理など得意分野があります。医師のような専門認定制度はありませんが、例えば借金問題ばかりを取り扱っている弁護士に離婚や不倫に関する依頼をしてもスムーズに解決しない可能性もあることから、それぞれの分野に特化した弁護士を見つけることがまずは重要なポイントとなります。

配偶者や不倫相手に慰謝料を請求する際に必要となるのが不倫の証拠です。勘や怪しいという程度では裁判所に申立をすることはできませんし、証拠がないまま配偶者や不倫相手に慰謝料請求をしてもシラを切られてしまう可能性もあります。できるだけ証拠を揃えたら不倫問題に強い弁護士に相談をしましょう。相談時には不倫が始まったときの夫婦関係や子供の有無、不倫に内容や期間、不倫が発覚した後の状況や夫婦関係や子供に与えた影響などを整理して相談します。状況の説明の中で弁護士は配偶者や不倫相手に慰謝料を請求することができるかどうか判断していきます。

 

慰謝料請求の流れ

不倫をした配偶者や不倫相手に慰謝料請求をする場合の大まかな流れを把握しておきましょう。まずは弁護士に相談をして慰謝料請求が可能かどうかを判断します。ネットなどで慰謝料請求が可能家どうか判断できる基準を紹介している場合もありますが、個人や状況に応じて判断しにくいことも多いことから弁護士に相談するようにしましょう。

その後、証拠集めや不倫相手の情報を収集していくことになります。配偶者が協力的であれば名前や住所なども簡単に調べることができますが、そうでない場合は自分で調べるか興信所を利用する場合もあります。また不倫相手にも配偶者がいる場合は、不倫相手の配偶者からも慰謝料の請求をされる可能性があるので不倫相手の家族構成を知っておくことが重要ですし、慰謝料の支払い能力を知るために勤務先なども把握しておきましょう。

証拠や情報が揃ったら、直接請求を行います。電話やメールなどで請求をするのか直接会って請求をするのか、内容証明郵便物などの書面を送って請求するのかは場合によって違いますが、一般的には内容証明郵便などの書面を送って慰謝料を請求します。相手が慰謝料の支払いに応じると示談書を作成し、公正証書を作成します。慰謝料の支払いは原則として一括払いとなりますが、場合によっては分割払いになる可能性もあることから公正証書を作成しておくことで支払いが滞った際に強制執行を行うことができます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket