不倫の慰謝料請求について

男女関係夫や妻が配偶者以外と男女関係を持つことを不倫と言い、不倫は不貞行為として離婚理由になります。そして不倫によって発生するのが慰謝料です。慰謝料は不法行為によって損害を受けた者に対して、その原因を作った者が損害を埋め合わせするために支払う金銭であり、場合によっては物品となることもあります。不倫の場合は不倫をした夫または妻が不倫をされた夫または妻に金銭や物品を交付する場合と不倫相手である異性が金銭や物品を交付する場合があります。不倫によって夫婦関係が破綻し、配偶者が精神的なダメージを受けたことによる損害を償うために発生するのが慰謝料となります。

不倫によって夫婦関係が破綻すると慰謝料が発生するというのはなんとなくイメージできるという人でも、実際にどうやって慰謝料を配偶者や不倫相手に請求するのかわからないという人は多いのではないでしょうか。

まず慰謝料を請求する場合、浮気や不倫相手に故意、過失があること、不貞行為によって自分が権利の侵害を受けたことという2つの条件を満たす必要があります。例えば、既婚者であることを知っている中で男女関係を持った場合は慰謝料の請求をすることができますが、お互いの素性を知らないまま男女関係を持った場合は慰謝料の請求ができない場合もあります。また不貞行為によって夫婦関係が明らかに悪化した場合は慰謝料の請求をすることができますが、すでに夫婦仲が悪く別居をしていたり、婚姻関係が破綻している場合は慰謝料請求ができない場合もあります。これが不倫に対して慰謝料請求ができるのか、できないのかを判断するポイントです。そこでここでは不倫による慰謝料請求の方法や弁護士に相談する方法などを紹介します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket